株で得た利益は株に再投資

2006年2月8日: 株で得た利益は株に再投資
株で利益を得ると、その利益分を自分の好きなものを買おうといった考えに及ぶ人がいると思う。
自分にご褒美ですよ。
ただ、できることなら、株で得た利益は株などの投資に再投資していったほうが良い。
なぜでしょう?いつも投資でしたら、息がつまると思いますが…。
投資を効果的に行うには複利という概念を常に持つ必要がある。
複利ですか。
分かりやすく説明すると、100万円があったとする。これで5%の利益を出すと105万円になるわけだ。複利の考え方を持つと、105万円をそのまま再投資することで、次に同じく5%の利益を上げたときに110万2500円と、2500円分プラスになる。もし、儲けた5万円を使ってしまったら、再び5万円しか利益が出なくなる。この2500円分の違いは大きい。
2500円くらいでしたらあまり変わらないと思いますが…。
ここでは金額の例が小さいため、たかが2500円と思う人もいると思うが、これが金額が大きかったり、運用する年数が多いと大きく変わってくる。同じ例で年利5%として考えると10年後には複利で運用したら63万円の利益になる。一方、利益が出るたびに使っていったら50万円と、13万円の違いが出る。金額が大きければ大きいほど、利率が高ければ高いほど、年数が長ければ長いほど、複利による効果が高くなる。
ですが、せっかく得られた利益を実感できないのはさびしいです。
将来に対する報酬と捉えればよいと思うが…。それでもやっぱり、という人は、配当だけは自分の好きに使うなど、ルールを作れば良いかと。
そうですね。配当は銀行に預け入れるように設定しなければ、実際に手元に届くお金ですので、気兼ねなく使えます。
最終的にお金の使い方は人それぞれなので、一つの考え方に固定させたくは無いが、少なくとも、大きく利益が出たからといって、現金化して引き出しもしていないのに、車など大きな買い物をローンなどでしないことだ。買った後に急落し、ローンの支払いに一杯一杯になる人も散見するからな。
手元に無いお金はあてにしてはいけないということですね。
そういうことだ。

« 信用取引は借金であることを認識しよう | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 株主優待目当ても良いが、本来の目的を忘れないように »

2006年2月 8日 23:45 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/7