経営者を見る

2006年3月4日:経営者を見る
株の購入を検討する時には、経営者、特に会長や社長の顔を見るという手段もある。
顔を見てどうするのでしょう?
やり手な顔だと思ったら買う。
そんな単純な…。
でも、これって案外有効な手段だよ。もちろん、人を見る目が無い人はやらない方が良いし、そもそも、株価が今現在、割高か割安かといったのも当然見る必要もあるが。
最終的に決める手段として用いると良いということですかね?
まあ、そんな感じ。馬鹿そうな経営者の所の株を買っても、上がる見込み無さそうじゃん。
そんなものですかねぇ…。
そんなもんだよ。もちろん、単に顔だけを見るのではなく、話す内容、話し方などもチェックだ。要は人柄ですな。
確かに、やり手の人ですと、任せられそうな気がします。
また、同じ人でも、好調な時と不調な時とでは、明らかに声のトーンが変わったり、表情も変わったりするから。
ですが、私達が直接目にする機会は無いと思いますが…。
直接見るのなら、株主総会に行くのがベストだろうな。特に、質疑応答の時間を多く取っているところなどは、その質問に対する返答の具合を見て判断が出来る。すぐさま質問に対する返答が可能なのか、それともマゴマゴして、いまいちよくわかっていないのかどうか。自社に対する認識力が無ければ、当然まともな経営なんて出来る分けないのだから。
株主総会は平日に開かれることが多いですし、3月決算の会社ですと同じ日に開かれることも多いので、なかなか見る機会がありません。
そういう時は、各企業サイトのIR情報ページを見に行こう。時々経営者の声、のようなコーナーがあり、そこで動画を置いている場合もあるので、一応確認してみると良い。あとは、最近は株主総会をネット放映するところもあるし、決算説明会を放映するところもある。こうした機会を逃さず、チェックすると良いだろう。
まだまだ数は少ないですが、確かにネットで放映する動きはありますね。特にネット系企業で盛んです。
特に創業者社長の場合は長くその会社に付き合っていく可能性が高いため、将来性を見るうえでも人と為りを見ておくのは悪くない。しっかりと見ておけば、ライブドア株なんて買うことはありえないんだし。
……。
まあ、一つの判断材料として利用してくれたまえ。

« 大量保有報告書の閲覧の方法 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 20代、30代の証券口座開設者数が急増 »

2006年3月 4日 23:59 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/32