株の初心者にオススメの株関連テレビ番組

2006年3月10日:株の初心者にオススメの株関連テレビ番組
今日は株の初心者向けにオススメできるテレビ番組を紹介しようと思う。
株と言えばテレビ東京ですね。
日本経済新聞グループのテレビ局だから、日経からの情報も多数公開される。
株に関する情報番組も多いのが特徴です。
で、株に関する情報を扱う番組として、地域によって時間は異なるのかもしれないが、平日の5時45分から放映される「モーニングサテライト」、9時から放映される「オープニングベル」、11時から放映される「マーケットイレブン」、15時30分から放映される「クロージングベル」、そして23時から放映される「ワールドビジネスサテライト」。この辺りが主な株番組となる。
これを全部見るのは大変ですね。
約3時間30分だからな。これだけの時間を用いるのであれば、他のことをやった方が良いという説もある。そのため、必要なものをチョイスして見るのが良いだろう。
それぞれの番組の特徴はどのようになっているのでしょうか?
「モーニングサテライト」は主に当日の米国市場の動向が分かるようになっている。丁度、向こうの取引終了のタイミングで放映されているから。取引終了後の決算発表などに関しても最新情報として取り扱ってくれるし、その日の日本市場の動きを事前に探る上でも重要な番組だ。主に米国市場で株を購入していたり、その日の日本市場で売買をするようなときには重要な番組となる。特集などもためになることが多い。
次に「オープニングベル」と「マーケットイレブン」、そして「クロージングベル」についてお願いします。
「オープニングベル」は日本市場が始まる9時と同時に番組もスタートする。寄りの状況やその前日に発表されたニュースなどを中心に、特集なども行われて特定の事に関しての簡単なレクチャーなり概要を紹介してくれる。「マーケットイレブン」は前場が終了する11時からスタート。こちらはニュース番組という面もあるが、株に関しても取り上げてくれる。前場の動きを中心に紹介される。最後に「クロージングベル」だが、こちらはその日の株式市場が終了した後に放映される。その日の市場の動きや、時間に間に合えば最新の決算情報なども紹介される。
それぞれ、日本の市場にあわせての番組なのですね。
最後に「ワールドビジネスサテライト」だが、こちらは米国市場が開かれる時間帯に行われることもあって、米国市場の寄り付き具合も紹介される。ただ、基本は日本のその日のニュースであったり、特集であったりが基本だ。ニュースは経済関連中心なので、これも役立つだろう。
以上の特徴を踏まえて見れば良いわけですね。
そうなる。まあ、初心者向けという点では「オープニングベル」あたりが一番馴染みやすいと思う。もしくは、キャスターで選ぶという手もあるが…。
と、いいますと?
「モーニングサテライト」の本村由紀子さん、矢吹藍子、「オープニングベル」の末武里佳子さん、「マーケットイレブン」「クロージングベル」の槇徳子さん、そして「ワールドビジネスサテライト」の小谷真生子さんと、女性キャスターが担当している。この中で好きな人を選んで見るという手も…。
……。
ちなみに、男ではあるが「オープニングベル」に出てくる進藤隆富さんの携帯の待ち受け画面はケロロ軍曹だそうな。
それはどうでもいいことでは…。
まあ、まずは一通り見て、お気に入りの番組を選び、見続けると良いだろう。単発で見るのではなく、出来れば見続けること。これにより、流れとして市場を捉えることが出来るようになる。見る時間が無ければ音声だけでも良いので別のことをやりながら流しておくのも良いだろう。

« ナムコの株主優待 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 取引状況を公開していく »

2006年3月10日 17:39 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/35