定時株主総会と臨時株主総会

2006年6月12日:定時株主総会と臨時株主総会
そろそろ3月期決算企業の株主総会が始まる。この株主総会は原則1年に1回行われるんだ。だいたい、決算期の3ヵ月後くらいに行われるのが一般的だ。
そういえば、ライブドアの株主総会も6月14日にあるそうですね。たしか、去年12月25日にも行われているようですが、なぜこちらは2回も行われているのでしょうか?
この6月14日に行われるのはイレギュラーなものだからだ。本来なら9月期決算なので12月に行われるのが正式な株主総会となる。
イレギュラーですか。
正式なものを定時株主総会といい、イレギュラーなものを臨時株主総会という。言葉どおり、定時の方は原則定期的に、1年に1回行われるもので、先ほど言ったように、大体決算期から3ヵ月後に行われる。一方、臨時株主総会は突然行うもので、極端な話、1年に何回もやってもかまわない。
何か違いはあるのですか?
主に、定時株主総会の方は、やることが概ね決まっている。まず、前期の決算の説明をして利益の処分方法を承認する。まあ、配当とかそういったものを最終的にこの額でいいかと決を採るわけだ。他にも、定款の変更や取締役や監査役の任命、といったことが行われる。もちろん、他に株主に窺わなければいけないことは基本的にここで行われる。
臨時株主総会は何をするのでしょう?
臨時株主総会は突然株主総会をやらなければいけない状態になったときに行われる。例えば、今回のライブドアを例にするならば、定款を急に変更する必要が出たり、逮捕者が多数出て取締役の人数が少なくなったので取締役を選任したり。ライブドア以外の例も出すならば、合併するのでその承認を得るために株主総会を開くなどもある。本来なら定時株主総会でやるべきことなのだが、時期が必ずしも一致するわけでもないので、そうしたときは臨時株主総会を開き、株主から決を取るわけだ。
臨時株主総会が頻繁に行われますと株主も大変ですね。
そうならないために、定時株主総会で大まかなところを決めているんだ。また、法律の改定により、以前なら臨時株主総会を開かなくては行うことが出来なかったことが、別に開かなくても経営陣の判断で行うことができるようになったりもした。そのため、臨時株主総会はよほどのことが無い限りは行われないものと思っていいだろう。

« メガチップスの株主優待 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 不二家の株主優待 »

2006年6月12日 16:56 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/61