スクウェアエニックスの株主総会に行ってきた

2006年6月24日:スクウェアエニックスの株主総会に行ってきた
株子です。
株美です。
スクウェアエニックスの株主総会に行ってきたぞ。
今回は寝過ごさなかったのですね。
ああ、徹夜だよ。
……。
では、とっとと紹介していく。場所は新宿のセンチュリーハイアットホテルの地下1階のセンチュリールームだ。一昨年と場所は同じだ。去年は…。
寝過ごしていっていないからよくわからないのですね。
そのとおり。
何人くらい来ていましたか?
おおよそ700から800人くらい?入れ替わりもあるだろうから正確なところはわからないが、椅子は800人分用意してあって、結構キツキツに座ってた。
では、さっそく株主総会の内容から見ていきましょう。
スクウェアエニックスは株主総会と、その後にIRカンファレンスという形で質疑応答の時間が設けられている。まずは株主総会だが、10時からスタート。和田洋一による言葉とモニターで業績などの説明が行われた。多くの会社ではこのあたりはビデオで説明するのだが、この会社はいまだにそういったことをせず…。正直分かりにくいので、事前にビデオにまとめてもらいたいところだ。
それをネット配信するという手もありますしね。
この説明の中で、他社と比べた営業利益率の比較をここ数年の水位と共に行っていた。比較対照は日本メーカーでは任天堂、セガサミー、バンダイナムコホールディングス、コナミ、カプコン、コーエー、そして海外のメーカーはエレクトロニックアーツ、アクティビジョン、THQの大手3社。コーエーはすばらしいと誉めていたよ。
さすがコーエーですね。
まあ、そのすばらしい利益率を上げるために猛将伝であったりベスト版やセット販売を大量にやっているわけだが。
いいじゃないですか…。
で、長々と和田の説明が30分くらい続き、10時30分から質疑応答となる。
今回の質問は次のようになっているようです。6名が質問に立ちました。簡単ではありますが紹介します。

『決算とMSCBについて。』

『ネット関連について。』

『家庭用はRPG中心で展開していくのか。』

『タイトーとの吸収が適切ではないのではないか。吸収前に身軽になってから買うべきでないか。なぜカラオケ部門を吸収後に売却したのか。決算の数字の出し方について。』

『決議事項について。なぜ再任の役員を選ぶのか、なぜ役員報酬を上げるのか。配当について。』

『役員報酬について役員の考え方を聞きたい。役員の持ち株数について。』

正直、今回のは質問もそうだし、回答もだらだらと長く話している傾向があって、まとめにくい。それでもまとめると次のような感じになる。

『決算はその都度最新の情報を提供している。MSCBと言われているのは正確にはワラント債であり、値段決定権はこちら側にある。報道などでMSCBと言われるのは迷惑だ。』

『FF11以外は収益に繋がっていない。アイテム課金は出遅れている。』

『ジャンルにこだわらず、顧客満足を如何にあげるか。』

『カラオケ部門の査定は適切に行っており、吸収時も、売却時も同じく適正な価格で査定した。決算の数字はその都度最新の情報を提供している。タイトーの繰り延べ税資産は決算が出ても監査役等の考え方次第で状況が変わってしまう。そのため、4月と5月で異なった数字が出た。4月はその時点での最新の数字を出している。』

『役員は今現在進行しているビジネスプランの変更もあり、一貫した体制を続けるため同じ人物を再任した。役員報酬が上がったのは、新会社方で役員報酬の意味が変わったため。ストックオプションなども報酬として含まれる可能性が出ているため、すべてを勘案して上げた。配当は来年か再来年あたりに配当性向30%を目処にする。』

『役員を代表して和田が回答。役員の持ち株数に関しては各自余裕があるとは限らない。ストックオプションなどで株主と同じ利害を持って行動できるようにしていく。』

どうなんでしょう。分かりにくいですかね?
分かりにくいだろ。聞いていてもなんだか、って感じだったし。簡単に説明すればいいんだけど、回りくどくグダグダ話すんだもん。それを短くまとめるのは大変だ。
人によって受け取り方も違うと思いますので、やはり実際に総会に出席してもらった方がいいかもしれませんね。
ちなみに、4番目の決算の出し方に関する質問の時に会場から拍手が出た。拍手が出た質問はこれだけなので、それだけ意味のある質問だったと言える。
4月に出した決算と5月に出した決算が大きく異なっていたという話ですね。
これで質疑応答は終わり、採決に入る。で、株主総会は終わり。11時20分に終了だったので、1時間20分だ。和田が無駄に長々話していたので、終わろうと思えばもっと早く終わらせることも出来る総会であったと言える。
次はIRカンファレンスですね。
20分休憩時間があったので、11時40分からとなる。ちなみに、株主総会前と休憩時間は会場の後で飲み物が用意されていた。ウーロン茶とオレンジジュースの2種類。喉が渇いたらここで潤すことができるわけだ。
ではIRカンファレンスの話を。
まずは5分くらいの映像が流れた。映像は「ヴァルキリープロファイル2 シルメリア」「ファイナルファンタジー3」「ファイナルファンタジー13」の映像。既にオフィシャルサイトでも公開されているものだと思うので、これといったことは無いのだが、まあ、流されたってことで。ちなみに、今「ヴァルキリープロファイル2 シルメリア」をやっているのだが、もろネタバレな部分があってどうよ、と思ったよ。
あらら…。
まあ、今日の段階で今回放映された部分の大半はプレイ済みのものだったので影響は少ないが…。
それで徹夜なんですね…。
で、再び和田がグダグダ話し、12時から質疑応答時間に。ここでは10人が質問に立った。
では、質問内容を紹介していきますね。

『著作権保護について。セーブデータの改変などはどう思っているのか。』

『株主優待について。』

『今後のM&Aについて。』

『アミューズメントがらみについて。シナジー効果があるのか、赤字なのはなぜか。』

『オンラインゲームのRMTについて。なぜ今までFF3がリメイクされなかったのか。』

『外部との提携に関して。』

『FF3の発売時期とDSが手に入りにくい状況で同梱版を出すのかどうか、読み込みの遅さについて。FF13はゲームがコアとなるのか。』

『出版部門の収益が落ちているのはなぜか。アニメになった「ぱにぽに」や「まほらば」などのゲーム化はどうしてやらないのか。』

『出版について。「ドラゴンクエスト」などのコンテンツを積極的に活用すべきでは。』

『会社そのもののPRをしっかりして欲しい。株式分割をして欲しい。』

で、これらに対する返答は次のようになっている。一部、河津秋敏という開発上がりの取締役の回答もあった。

『ネット絡みなども含め、個別に対応している。河津談「データを弄るのも楽しみ方の一つなので、あまり制限しない。」』

『株主としての枠組みでなく、ユーザーの枠組みとしてスクウェアエニックスクラブなるものをやっている。株主優待という形では行う予定は無い。』

『具体的なものは今のところ無いが柔軟に対応する。』

『シナジー効果はこれから。』

『FF11に関してはRMTを想定していないので禁止としている。企業としてRMTサイトを取り締まるには法的根拠が無いため出来ない。個別に対応していく。FF3の話しはよくわからないが、期間を置いたことによって新作として遜色の無い出来になっている。』

『松下電器、学研他の例を紹介。』

『FF3の発売日は8月24日と発表済み。同梱版は任天堂といろいろやり取りしていて、いろいろと考えているようだ。ロード時間は8月の発売までチューンナップして満足行くものにしていく。FF13はある世界観、ある神話を作り、その神話を元に各開発者などが解釈して広がりを出していく。』

『過去2期分は「鋼の錬金術師」でものすごい数字であったため、反動で低く見えるが、以前と比べ、ボトムアップしている数字ではある。「鋼の錬金術師」だけえなく「ぱにぽに」や「御主人様」もあるし、直近では「ひぐらしのなく頃に」のように核となるなど、有力なコンテンツがある。ゲーム化は外部でやるか内部でやるかなども含め、考えて対応している。』

『「ドラゴンクエスト」は攻略本のほかに、4コママンガもあるし、アニメや小説にもなっている。』

『もっと会社を知ってもらえるように努力する。』

ゲームユーザーとして興味深い質問もありましたね。
「FF3」が今まで移植されなかった理由は和田でなく河津に振ってもらいたかった。彼なら事情知っているだろうから。あと、「FF3」のロード時間に関する質問をしている人もいて…。さてさて、製品版ではしっかり改善されるのか、興味深いところだ。
この回答を見ますと「ニンテンドーDS Lite」との本体とソフトの同梱版も発売される可能性が高そうですね。
あと、「御主人様」の名前を言う時に照れ笑いしながら名称を言ってた。
……。
こんなところかなぁ。13時10分に終了。IRカンファレンスは約1時間30分ということだ。ちなみに、お土産はこんな感じ。スライムハンカチは色が赤・青・黄色の3種類があるようだ。黄色はチョコボ色でもあるので、この袋とマッチしていていい感じ。しおりはリバーシブルになっていて、裏にも絵柄がある。

■スクウェアエニックス第26回定時株主総会お土産

スマイルスライムハンカチ
「鋼の錬金術師」しおり
スマイルスライムマスコットシャープペン
スマイルスライムマスコットボールペン

前回はバトル鉛筆のみと聞いていましたが、今回は豪華ですね。
ハンカチは実用性があるし。
では、まとめをお願いします。
何度も言うけど、和田、だらだらしゃべりすぎ。もうちょっとコンパクトに話してもらいたい。しかも重複で語ることも多く。結構時間の無駄が多い。ただ、話している時は何も見ずに話していることも多く、これはこれですごいと思った。あと、株主の質問がちょっと弱かったかな。MSCBに関する質問とか、もっと突っ込まないと。
どう突っ込めばいいのですか?
たとえどうであろうとも、行使されれば売り圧力になって株主にとってマイナスな部分が大きいという点。相手側が価格決定権は無いというけれど、向こうもただで400億円を出しているわけじゃないんだから。どういう形であれ、向こうにも利益を出させなければいけないだろう。そうなったときに、どういう対応をするのか、聞かないと。特に、株価が下がっている現状ではなおさら。昨年のバブルで上がらず、4月の業績発表でずるずる下がっていった現状をもうちょっと株主としても深刻に受け止めないと如何だろ。
ふむ。
全体的に言い訳がましい発言も多く、ちょっとどうよ、というのが正直なところ。それもあってか、無駄に話が長くなっているとも思う。あと2年くらいは低調に推移するとの事だし、もうどうでもいいや、って感じ。
……。
ちなみに、今回も誰も私が考えた質問をしてくれなかったね。
自分でしなさいよ。

« セガサミーホールディングスの株主総会に行ってきた | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | バンダイナムコホールディングスの株主総会に行ってきたPart1 »

2006年6月24日 23:26 | 株主総会

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/68

このリストは、次のエントリーを参照しています: スクウェアエニックスの株主総会に行ってきた:

» スクウェアエニックスの株主総会 from まこなこ
2007年6月23日:スクウェアエニックスの株主総会 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年6月23日 23:37

» スクウェアエニックスの株主総会 from 株式初心者株子株美の株式投資日記
2007年6月23日:スクウェアエニックスの株主総会 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年6月23日 23:39