株主総会の服装

2007年6月8日:株主総会の服装
株主総会の集中する時期になったこともあり、再び株主総会について取り上げてみようと思う。今回は、以前に少し取り上げたけど、株主総会での服装に関して紹介していこう。
2006年6月19日『株主総会に行く時の心構え』でも服装に関して話題にしましたね。
まあ、ほとんどそこで言ったことの繰り返しにしかならないけど。
まず、一度も株主総会に行かれたことの無い人の心配として、どういった服装をしていけばいいのか、という不安がありますが?
基本は何だっていいんだよね。別にジャージ姿でも、着物姿でもさ。入場するときに必要な議決権行使書さえ忘れなければ。もし、議決権行使書を忘れたとしても、受付に言えば、名前等を照会してもらって、入場することができる。
どのような服装でも良いといわれましても、TPOというのがあると思うのですが…。
TPOとは、time、place、occasionの3つ頭文字をとった言葉で、時と場所と場合という意味だ。つまり、株主総会では株主総会ならではの服装を、ということになるのだが、これは会社によって大きく異なる。
いくつか例をお願いします。
まず、旧来型の産業、鉄鋼であったり電鉄であったり、造船などなど、そうした産業だと、背広姿の人が多い。これは、OBや社員などが大半を占めるためだ。まあ、こうした産業の株を保有している人は比較的年配の人が多いため、それなりの格好をしていると思っていいだろう。もし、場に馴染みたいのであれば、同じく背広姿で行くのが良いと思うが、無理にあわせなくても良い。視線を集めるだろうが、ジャージでもなんでもいいよ。
他にはどういったパターンがあるでしょうか?
IT系とかの比較的新しい産業の場合は、株主総会に出席する人も新興市場狙いの若い世代が多いこともあり、ラフな格好で来る人も多い。6月とかの夏の時期だとTシャツであったり、そういった服装も散見する。オタク系産業であれば、それこそアキバ系といわれる服装の人が多い。また、株主総会だけでなく、何かしらのイベントもあわせて行なうような場合は、子連れやアイドルファンのような人も多数来る。ただ、子連れは株主総会中は迷惑になるので、子連れ推奨の株主総会で無い限りが遠慮した方が良いが。
つまり、所有している株の企業の性質に合わせて服装も考える必要があるわけですね。
かといって、いちいち人に合わせなくてもいいので、きちんとした、気張らない服装で行けばいいと思うぞ。有名ホテルとかに入るときにちょっと気後れするかもしれないが、ホテルの従業員も株主総会があっていろいろな人が来ることはわかっているだろうし。また、多くのところでは個人株主の保有比率を増やすような施策を採っているので、個人が来ることも当然想定内だろうから。
そうですね。特にイベントやお土産などを用意しているところも多くなりましたし。
まあ、服装なんて気にせずに行ってくれたまえ。あとは、服装そのものより、個人の出席者数が多いのかとか、総会集中日でないのかどうか、土日開催かどうかなどで、個人の出席者数が異なる。個人の出席者数が少ないと、うきやすいと思うので、株主総会初心者なら、人が多く来るような株主総会から行って場数を踏んでいくと良いかと。
了解であります。

« 大量保有報告書の見方の変更 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | コロワイドの株主総会Part1 »

2007年6月 8日 08:07 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/175