テクモ第42回定時株主総会

2008年3月26日:テクモ第42回定時株主総会
今日はテクモの株主総会があったので行ってきた。
おお、もうそのような時期でしたか。
なので、今回はまこなこと株子株美の2つで同じ話をしていこうと思う。
で、開催場所はどこでしょうか?
去年と同じく千代田区飯田橋のホテルグランドパレスにて。2階のダイヤモンドルームでの開催だ。開催は12時から。ちょうどお昼時での開催となった。
出席者数はどうだったのでしょうか?
実は、株主数が去年の9895名から3502名減って6393名となっているので、出席者数も前回から減っているような感じだ。開始の段階で150人くらいかな。 遅れてきている人も多々いたけど、それでも180人とかそれくらいだと思う。前回の概算が約200名前後だったので、順調に出席者数も減っていることとなる。
では、さっそく見ていきましょう。
まず、前に取締役や執行役員が席に座るわけだけど、あいつがいなかった。
あいつとは?
セクハラバイオレンスの板垣伴信が。
......。
最近の某事件のこともあり、出てこない方が良いと判断したのかな。懇親会にもいなかったし。
6月5日発売の「ニンジャガイデン2」の開発に忙しくてこれなかったのでは?
まあ、そんな今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
なんですか、そのつなげ方は...。
では、さっそく。まずは議事運営の説明の後、事業説明から。12時5分からビデオによる説明が18分まで行われた。計13分となっている。で、議案の話も出し、質疑応答となった。
では、いつもどおり私が質問者役をやりますので、あなたが回答者役でお願いします。
今回の質疑応答は、すべて社長の安田善巳が答えている。
では、1人目の質問です。連結貸借対照表と連結損益計算書で気になる数字が4点ある。たな卸資産が去年22億円から34億円になっているのはなぜか。前受金が去年1.6億円から今年11億円になっているのはなぜか。受取利息が去年6800万円から15200万円になっているのはなぜか。為替差損が去年は差益だったのに今年は差損7000万円になっているのはなぜか。
たな卸資産の増加は、今までプロデューサー4人で開発を行っていたのを10名に増やし、タイトル数を多くした関係で増えている。またオンラインゲームの開発でも影響がある。内訳はPS3やXbox360の次世代機の開発費が多い。オンラインゲーム4つも影響している。前受金は、オンラインゲームの開発の際、契約金などを事前に貰い、開発を行っていることや、プラットフォーマーからの援助などによる。受取利息はリスクの高いものには投資せず、ドル建てで債権など20億円分を運用、円建ては定期預金で少しでも営業外利益を増やす努力をしている。為替差損はドル建てで円換算20億円所有しているが、一昨年の時と比べて円高に推移したため、差損が発生してしまっている。ちなみに、今年はすでに円ドルで100円で推移しているが、当期予想は円ドルで100円で計画を立てているため、2億8千万円の為替差損を見込んでいる。しかし、これはすでに業績予想に織り込まれたものとなっている。
2人目の質問です。株価の上昇をお願いしたい。どのような努力をするのか。前社長との訴訟問題について。
世界レベルのIRをして株式市場で評価が上がってきている。以前は個人株主が30%だったのが18%に、一方、外国人投資家の割合が14%から26%になった。家庭用ゲームの利益の66%が海外に依存している。オンラインゲームも海外展開することにより、一層海外での活動が重要となる。こうした中でやらなければいけないのは本業を強くしていくことだと思っている。ゲーム市場は欧米で80%を占めているので、タイトルブランドを上げていく。マイクロソフトや任天堂から声をかけてもらえ る状態なので、コラボレーションで収益を上げていきたい。中国や新興国ではコピー問題があったが、オンラインゲーム展開をしていくことで収益を上げていく。中村前社長とのことは私たちの言うべきことは言い、先方の言い分も聞き、解決に向けて動いていく。
3人目の質問です。去年の株主総会でストックオプションは業績連動型にしない、マルチプラットフォーム展開を行っていくと言ったが、その考えは変わらないのか。また、海外投資家が増えることによる問題点を詳しく説明したらどうか。
ストックオプションに関しての考えは変わらない。PS2の時は開発費が5億円くらいで、20万から30万本売れば元が取れ、50万本売れれば十分な利益が出たが、PS3やXbox360では15億円から20億円の開発費がかかり、60万本売らないと開発費をまかなえない。しかし、技術を得るためにもやっていく。マルチプラットフォームにすることにより、2倍とまではいかないが、1.5倍から1.7倍に増加するので開発費をまかなえる。海外投資家については、円高になると向うとしては円高による利益が出るので売られてしまうのでは、思う。ただ、海外投資家の話を聞くと、デイトレードや短期で売買したいのではないようで、3年後にどれくらい収益を上げられるのか、とよく言われる。しっかりと業績を積み上げれば良いと考えている。
4人目の質問です。配当を以前前会長の柿原彬人が60円から80円にしたいと言っていたが、今の状況はどういうことなのか。
なんとか25円まで引き上げる。1株利益が50円になれば25円の配当ができる。長い目で見てもらいたい。
と、ここまでですね。
この段階で12時53分。実はまだ他に質問者がいませんか、と社長が尋ねたものの、即座にいませんね、と区切ってしまい、そのまま終了に。実は、ゆっくりと手を上げようとしていた人がいたのだが、今回は即座に終わらせてしまった。
あらら...。
まあ、最初から手を上げていたわけでもないようだったので、仕方ない部分もあるが。または、その後に懇親会があるので、あまり時間をかけたくなかったのかもしれない。で、議案の採決をして、12時55分に全て終了となった。
今回の株主総会はどうでしたか?
まず、3人目の質問者は、去年『テクモ第41回定時株主総会Part1』で4人目の質問をした人だったようだ。去年自分が質問したことがどうなっているのか、わざわざ聞いたってわけですな。
そうですか...。
あと、4人目の配当に関してだけど、これも一昨年『テクモの株主総会に行ってきたPart2』で取り上げている。実は、最終的に60円と言っているのであって、近 年中に60円にすると言ってはいなかったので、質問者の早とちりというわけだ。
ふむ。
まあ、質問者は定年後っぽい人だったので、悠長に待っていられないというのが正直なところかもしれないが。
......。
あと、最初の事業報告のところで、「ニンジャガイデンシグマ」が61万本、「スイングゴルフパンヤ2ndショット!」が10万本、「DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ 京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」が22万本、「かいて しゃべって はじめよう! モンスターファームDS」が6万本とのこと。また、オンラインゲームで 「WarRock」が31万人、「ギャロップレーサーオンライン」が5万人と書いてあった。
なるほど。
追加事項はこんなところで。本当はもっとわかりやすく説明していたんだけど、文字化すると全部書くわけにもいかないので、ちょっととぎれとぎれになってしまう。ただ、言いたいことはなんとなく理解できるんじゃないかと。
そして、懇親会ですね。
13時15分からスタート。挨拶などが10分程度あり、乾杯。あとは、食事突いたり、役員や従業員と会話したりで時を過ごすことになる。13時55分からスクリーンに新作ゲームの映像を流し、また、その開発者の挨拶もあった。流された映像は「 零 月蝕の仮面」「モンスターファームオンライン」「DOA ONLINE」「DS山村美紗サスペンス 舞妓小菊・記者キャサリン・葬儀屋石原明子 古都に舞う花三輪 京都殺人事件ファイル」「親子で遊べるDS絵本 うっかりペネロペ」の5タイトルが流された。時間は忘れたけど、10分から20分くらいの間だったような気がする。
えっと...、何かが足りないような気がしますが...。
あのセクハラバイオレンスが関わったゲームが無く...。
!?
ちなみに、会場内にも「ニンジャガイデン2」絡みの展示は無かった。
やはり、最近の事件の影響でしょうか?
さあ?去年は「ニンジャガイデンシグマ」の映像が流れていたような気はしたんだけどね。
どういう事情なんでしょうね。
どうでもいいけど、今回、パチンコ・パチスロ絡みの質問する人がいなかったので、今年、どうなるのかよくわからんな。誰か質問しろよ、と思ったけど。
あなたが質問すればいいじゃないですか...。
いやぁ、ワイン飲んでいたら、そのままうとうとしてた。
何やってんだか...。
ちなみに出た料理は定番の寿司やらそばやらローストビーフ、からあげ、スパゲティ、うな丼、まぐろととろ麦ごはん、アイス、メロン、ケーキ、サラダ、あんかけ焼きそば、ピザなどなど、多数。しかし、今回は去年と比べて量が少なかったようで、比較的早めに無くなっていた。
去年は余ったと言っていましたから、その関係かもしれませんね。
というかさ、私の好きなあんかけ焼きそばが食えなかったんだけど...。
知らんがな。
以上、テクモの株主総会と、その後の懇親会の報告は以上。お土産は不良在庫の「DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ 京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」をいただいて帰りましたとさ。
不良在庫じゃないでしょ!!

« まんだらけの株主優待2007年9月分2回目 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | バリューコマースの株主総会 »

2008年3月26日 22:34 | 株主総会

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/236