大量保有報告書の見方、EDINET最新バージョンに対応

2008年4月1日:大量保有報告書の見方、EDINET最新バージョンに対応
今日は株式の大量保有高報告書の見方について説明しようと思う。
それでしたら、以前『大量保有報告書の閲覧の方法』や『大量保有報告書の見方の変更』で取り上げたかと思いますが…。
閲覧できるEDINETの仕様が変わったようで、以前の説明の方法では見られなくなっている。今回は、以前のもそうだけど、余計わかりにくい方法になっているので、改めて説明しておいた方が良いかと思い、取り上げてみることにした。
まずは、EDINETに行くのですよね?
実は、このEDINETのURLも変更されているので注意が必要だ。以前のアドレスにアクセスしても、ページが見られないようになっている。
そうだったんですか。
で、EDINETに行くとページが表示されるので、まずは下の方を見てもらって「閲覧」の中の「有価証券報告書等」をクリックする。次の画面が素直に表示されない場合は、「はい」をクリックしていこう。
次の画面とは「提出者検索画面」のことですね。
その画面が表示されたら、左側にいくつかメニューがあるので「書類情報から検索」の中にある「全文検索」を選ぶ。
クリックすると「全文検索画面」が表示されます。
あとは、ここに必要事項を記入すれば良い。まず、「検索キーワード」に調べたい会社名を記入する。できるだけ正式名称で記入しよう。一部分のみ記入しても検索に引っかかるけど、別の会社のものも引っかかってしまう可能性があるので注意。「追加キーワード」などもうまく使うと良い。
「ソニー」だけですと、「ソニー」だけでなく「ソニーファイナンシャルホールディングス」なども検索対象になってしまいますね。
そういうときは、「追加キーワード」に証券コードを入れるなど工夫をしておこう。
次は何をすればよいのでしょうか?
「対象書類」の「府令」から「株券等の大量保有の状況の開示に関する内閣府令」を選び、「検索」ボタンを押せばよい。もし、期限を決めたければ、適当に期限を指定しよう。
おお、表示されますね。
あとは、見たい提出書類をクリックし、表示されているデータをチェックする。左側にメニューが表示されるので、第1の右の文字をクリックして、その後は下に移動しながら見ていけばよいだろう。
それにしても、ずいぶんややこしくなりましたね。
以前は会社名をクリックして、あとはこの会社に対するデータがあるかどうかを見ることができたんだけどね。なんか、システムの変更でやたら面倒な手続きを踏まなければならなくなった。さすが、お役所仕事と言える。
……。
まあ、普段あまり使うことはないと思うけど、自分の保有している株に、どういった変化があるかを知りたい時は使ってみよう。当然、大量保有報告書以外の提出書類も見られるので、そういったものをチェックしたい時にも便利だ。

« B-R サーティワン アイスクリームの株主優待 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 四国コカコーラボトリングの株主優待2007年12月末 »

2008年4月 2日 03:24 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/243