証券会社のお勧め2社と資金管理ソフト紹介

2008年5月2日:証券会社のお勧め2社と資金管理ソフト紹介
前に、証券会社を解約したことを知らせたかと思う。
4月25日『証券会社の口座を解約した』で取り上げましたね。
全部解約したわけではなく、一部を残したわけだけど、今回は、残した証券会社、つまりは、使い勝手が良いと思った証券会社を紹介していこうと思う。
どういったところを紹介するのでしょうか?
今回紹介するのは2社で、どちらもネット証券会社となっている。まあ、よほどのことがない限り、店頭で有名なところなんてのは使うことはないだろうから、気軽に取引できるネット証券会社のみ口座の申し込みをしていけばよいだろう。
では、一つ目からお願いします。
一番のお勧めは「イートレード証券」だろう。操作なども簡単で、なおかつ、さまざまな機能も用意されている。逆指値も可能だ。トレーディングツールとして「ハイパーイートレード」というものを用意していて、この使い勝手も良好。原則、利用料金がかかるのだけど、月に3回以上の取引を行い、電子交付サービスを選択していれば、無料で使えるようになる。比較的頻繁に取引をする人であれば、ほぼ無料で使用ができるというわけだ。
トレーディングツールがあるのはうれしいですね。
売買手数料も安いため、ここを基本として捉えておくと良いだろう。正直、この1社のみ口座登録するだけでも事足りると思う。
ですがもう1つの証券会社もお願いします。
次は楽天証券だ。こちらも売買手数料は休めの設定だ。どちらかというとイートレード証券の方が、より細かく手数料設定されていて、特に低い売買代金でお得だけど、それほど変わらない。
売買代金ではイートレードの方が良いようなのですが、でしたらこちらのお勧め理由はどこにあるのでしょうか?
こちらもトレーディングツールが用意されている。「マーケットスピード」というツールで、比較的有名なツールだ。なので、どちらを選ぶかによって、証券会社を決める必要がある。
何か使用に関して制限はありますか?
基本有料だ。無料になる条件はいくつかある。まず、使い始めの3か月は無料となるので、その間に使い勝手を確かめておこう。そして、その後は過去3か月で1回以上の取引実績があるか、または口座に500万円以上の資産残高があるかどうかなど。他にも条件はあるけど、株絡みではこれくらいかな。こちらも結構条件が緩いので、多くの人が使用できるかと思う。
「マーケットスピード」の使い勝手はどうですか?
個人的な感想で言うならば「ハイパーイートレード」の方が使いやすい。ただ、こればかりは人それぞれだから。私は「ハイパーイートレード」を先に使ったからこちらの方が使いやすいと思ったのかもしれないし。もし、最初に「マーケットスピード」を先に使えば、また結果は逆になるかもしれない。まあ、ツールはツールとして、結局はツールを使いこなす人の問題だ。なので、出来れば両方試して、使い勝手の良い方をメインにすると良いだろう。
そうですね。
他にも、ネット証券会社は多数あるけど、イートレード証券楽天証券の2社を押さえておけば良い。証券会社を多数登録しても、お金を分散させる必要が出てくるので、好ましくない。
管理の問題もありますね。
ただ、管理に関してはマネールックを用いることで解決する。これは、多くの銀行、証券会社、クレジットカード会社のデータを一つのプログラムで管理できるもので、登録しておけば、口座の残高などの他に、ボタン一発でログインできる機能など盛りだくさんだ。今だとかなりの数の銀行や証券会社の登録ができるため、管理面で関しては万全となる。
さまざまなポイントサービスを実施しているところの登録もできるようですね。
お金の管理にかなり役立つので、マネールックはインストールしておくといいだろう。利用は無料だ。
了解であります。

« ユークスの株主優待 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | ブロッコリーの株主総会 第14期 »

2008年5月 2日 18:18 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/249