セガサミーの株主総会

2008年6月18日:セガサミーの株主総会
セガサミーの株主総会が行われたので行ってきた。
では、さっそくチェックしていきましょう。
場所は東京都港区芝公園4-8-1のザ・プリンス パークタワー東京の地下2階「コンベンションホール」で行われた。過去なんどもここでやっているのでいつものところと言えるだろう。そして、開催時間は10時だが…。
だが?
遅刻しちゃった。
……。
というわけで、前半部分は正直わからん。途中から行ったが、質疑応答には間に合っているので安心してくれたまえ。
大体どれくらいに間に合ったのですか?
里見劇場には間に合った。
……。
いつもの流れだと、業績報告をビデオで行い、その後、質疑応答になるのだけど、前期の業績が大幅な赤字ということで、まずは状況説明などを長々としていたのだろう。その長々の間に私が到着したわけだ。
時間などはどうなっていますか?
この里見劇場が10時35分まで行われた。ちなみに、このあたりの段階で出席者数は概算で600名くらい。前回は懇親会があったこともあり、10時の段階で1000名以上、その後も続々と人が来たのだけど、今回はそんなことはなかった。いかに食事目当てに来ていた人が多いことが窺える。
数字に顕著に出ますね。
質疑応答は10時37分から実施されるのだが、まず先に書面で質問をしていた人がいたようで、この質問3問に答えていた。
では、いつもどおり、私が質問者役をやります。
今回はたしかすべて里見治社長自らが語っていたので、回答者役の私の部分は、すべて里見治社長のものと捉えてもらえたらと。
では、書面質問一つ目です。経営責任を取るべきでは。
今の経営陣をすべて変えることで良くなるのかといと、そうではない。今期は将来に向かった基礎を作り上げるベースにしたい。今期V字回復というところまではいかないが、来期以降のベースは今期作りたい。
書面質問二つ目です。株価低迷の対策は。
株価を引き上げる施策がないとはいえないが、基本は業績によるものと思っている。自社のキャッシュフローを用いての自社株買いも考えられるが。パチスロ、パチンコの新作は秋以降に多少市場自体が良くなっていくのではと思っている。
書面質問三つ目です。期末配当減配の理由。無配でも良かったのでは。
利益の3割を配当していきたいと語ってきた。無配にすべきかとも思った。しかし、株価が下がって、配当も無いでは株主に申し訳が無い。配当原資は十分あるので、15円の配当をした。二期連続赤字だと配当できないこともありうる。今期はトータル30円にしていきたい。
以上で書面による質問の回答が終了ですね。
ここまでで10時52分。質疑応答の一部でもあるが、ここまでは会社側の流れでやったことといえるだろう。真の質疑応答は次からとなる。
では、一人目の質問です。これからどうなるのか。開発体制について。パチンコで北斗の拳がでるが、また、北斗の拳かと思う。北斗の拳は飽きられやすいのではないか。海シリーズみたいに癒されるものを作るべきではないか。
サミーの開発350人の開発のうち、半数がパチンコを作っている。北斗の拳のパチンコについては、自分も6時間くらいプレイして意見を言ったりしたが、過去の自社製品と比べてよく出来ていると思っている。他者の製品についても詳細にアンケートなどをとり、なぜ良いのか、なぜ悪いのかを調べ、研究している。今は詳しくいえないが、冬ソナのユーザー層と被る認知度の高い権利を取ってやっている。
二人目の質問です。一人目の質問の回答を聞いて不安になった。遊戯は面白くなければいけないが、直近の新作は面白くない。開発者は自分で打っているのか。面白さに関しての発言がなかったのが残念。アミューズメントに関して、Wiiが原因ではと言われるが、どのようにアミューズメントにお客を呼ぶのか。
面白くなくては売れないのはもちろん。「ターミネーター」に関しては面白いものと思っているが、狙われたので即時回収した。お客が面白く、たのしく、わくわくどきどきするような 機械作りをしていきたい。Wiiが原因というのはゼロではないのかな、とは思う。ただ、Wiiでは出来ないものもある。家庭では出来ない面白いものをどうやって作っていくのかをやっている。また、アミューズメントは規制の影響も大きく受けている。この規制が緩和されれば1・2割は売り上げが上がるのでは。
三人目の質問です。ターミネーターは狙われるところがあるので引き上げたとのことだが、過去にもスロットで穴があるものを出したりしていた。管理はどうなっているのか。セガの有力な人が離れていったが、早期退職 希望者募集で開発力が落ちるのではないか。
穴の問題は今後とも厳しく仕組みも含めてやっていく。退職者に関しては心配はいらない。今回は施設の販管費が多かったので、そこを対応するためにやった。退職の中心は施設の社員となっている。また、クリエイターは35歳以上と年齢を絞って行った。若手は辞めていない。
四人目の質問です。お台場の施設で、近くの店舗は30年代を再現した店舗運営をしているのに、セガだけは近代的になっている。昔の遊び場との連動をしてはどうか。アミューズメント施設に海外から来たお客に対する対応に力を入れるべきでは。
東京ジョイポリスは前年対比110%売り上げアップしている。連携についてはうまくコラボレーションできればしていく。外国語のパンフレットなどを用意しており、好評を得ている。
五人目の質問です。サミーがセガを支えきれなくなっているのではないか。サミーを復活できないのか。セガはまた機械を開発するなどWiiなどのソフト開発するなどがんばってほしい。
最悪から見ると、パチスロにはファンが戻ってきた。底が見えたかな、と。演出面で規制緩和をしてもらって、よい製品を作っていく。海外では法的にパチンコ、パチスロは許されていないため、国内でのみの商売となる。セガは世界でブランドがある。どうやってクオリティが高く、安く作れるのかが重要となる。海外の現地で売れる価格にできるようにしていく。腐っても鯛じゃないが、10年以上見ると腐りかけているといえなくもないが、可能性を引っ張りあげていく。ネットワークとモバイルをきちっと作り上げていくと、どこにでもやっていけると思う。
六人目の質問です。セガは利益率が悪かったが、どのように改善していくのか。面白いのにホールに入っていないものもある。サミーのは面白くないが、他社で面白いものが入っていない場合、車で30分出かけて打つこともある。このような 機会損失などがありそうだが、どうか。役員と話す機会が欲しい。
今はいいものでも売れるターゲットの価格帯まで下げないと売れない。3割原価を下げろといっているが、これが出来れば欧米でやっていける。管理部門の削減などもしている。名前を出した会社の銀座はサミーと一体になって作っている会社である。今は一つ、二つ、大きなヒットを出すのが大事。これにより、次の商品が売れていく。どこかで大きなきっかけを作らないといけない。こんな赤字出しているのにこんなつまらんことをやっていいのか、という人もいる。また、来年からぜひ懇親会が出来る場を作っていきたい。
七人目の質問です。自己株式を保有し、大株主第3位になっているが、この消却は考えていないのか。
配当も議決権も無いので、株主に迷惑をかけることはない。何かあった時のために、自己株を使って資金を調達することもできる。この場でどうするか具体的には言えない。状況を見ていく。
以上ですね。
六人目が終了後、あと1名という話になり、そして最後の1名が質問した。ただ、手を上げる人もほとんどおらず。これは、里見劇場であらたか問題点を話してしまったことによるものだろう。会場で株主に質問させると、自分の意見を長々と述べる人がいるので、そうした時間ロスを考慮すると、最初から問題点等を洗いざらい会社側から話した方が良い、といういい例ですな。本来なら、株価の急落を考慮するともっと荒れても良い状況だしね。
つまり、その大事な話をしている場に居なかったあなたは役立たずということでよろしいですか。
申し訳ありません。
で、どうなりましたか?
11時44分に質疑応答が終了。書面質問も含めて1時間7分、会場のみの質疑応答は52分。で、あとは議案の採決をして11時45分に株主総会は終了。その後新任役員の紹介と、里見劇場第二弾が公開された。
第二弾!?
といっても、里見治社長自身は株主総会であらかた話したので、セガとサミーの社長がそれぞれ話をすることに。セガの新社長臼井興胤の時に、先ほどの質疑応答の腐っても鯛の話を引用し、腐った鯛が初鰹になるようにがんばると述べていた。
ふむ。
鯛から鰹にランク落ちてるじゃん、という突っ込みもしたかったが、まあ、初の部分が重要ってことで。
初物は良いものです。
……。
で、終わりですか?
これらの会話も含め、11時53分にすべてが終了。
お土産はどうでしたか?
次のようになっている。

■セガサミーホールディングス株主総会のお土産

2008年6月18日に行われたセガサミーホールディングス株主総会のお土産

・100% Chocolate Cafe
・ソニック名刺入れ
・ソニックポストイット
・ソニックシール

今回は食べ物もあるのですね。
全体的な大きさも控えめでなにより。今まではやたらと大きいものをお土産にしていたので、持ち帰るのが億劫だったりしたけど、今回はバッグに楽に収まる大きさだったので助かった。以後もこのような感じになればと思う。
最後に何かいうことありますか?
遅刻してすみませんでした。
うむ、殊勝な態度である。

« トムス・エンタテインメントの株主総会 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | トムス・エンタテインメントの株主優待2008年3月 »

2008年6月18日 22:30 | 株主総会

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/257