創通の株主総会2008年

2008年11月30日:創通の株主総会2008年
今日は11月26日に行われた創通の株主総会について取り上げようと思う。
「機動戦士ガンダム」シリーズなどの権利を保有している会社ですね。プロデュース業や権利ビジネスなどに関与している会社です。以前の創通エージェンシーです。
場所は東京都中央区銀座6-14-10のコートヤード・マリオネット 銀座東武ホテルの3階「龍田の間」だ。
去年と同じですね。
開始は10時から。その段階での参加人数は50人くらい。会場の外にコーヒーなどが飲めるスペースが用意されていた。
では、さっそく内容を。
事業報告はスライドとナレーションで説明され、10時20分より質疑応答となる。
では、私が質問者役をやりますね。
回答はすべて社長である湯浅昭博によって行われた。
一人目の質問です。各事業分野別の利益率はどうなっているのか。版権で回収にどれくらいの期間によって利益が出るのか。
事業分野別の営業利益率はメディア事業が3.7%、ライツ事業が50.4%、スポーツ事業が5.1%。メディア事業はアニメをプロデュースする事業で、ライツ事業につながる事業となっているので、他と比べて低くなっている。回収期間は3年から5年を目安としてやっている。人気のある作品は早くなる。
二人目の質問です。株主優待について、自分の子供がガンダムを見ているので、よいものを欲しい。
現金配当にするのが適切と判断し、株主優待を廃止した。キャラクターを株主に伝えるための役割を果たしたと思っている。
三人目の質問です。国際的展開の取組への考えについて知りたい。バンダイナムコとの関係はどうなっているのか。
イベント実施のノウハウを用いて香港でイベントを行う。アジア市場でまずはやっていく。日本で流行っているものを触れていただくだけでなく、現地との関係曲か、将来への布石としていく。バンダイナムコとは友好関係を地蔵的に構築していく。
四人目の質問です。版権取得費用はライツ事業に入っているのか、メディア事業に入っているのか。今期はメディア事業の案件が増えるのかを知りたい。
権利を取得するには番組に対しての出資となるので、放送が行われる時に放送料としてメディア事業の経費としている。今後に関しては、積極的に制作出資を行うという方針でやっていく。継続的に発展させたい。作品数に関しては前年度よりも減らす。より効率のいい作品を慎重に協議した結果、今期10作品の予定となっている。
以上ですね。
ここまでが10時33分。そして、議案の採決が行われ、10時37分に終了となった。
お土産はありましたか?
去年と同じく、卓上カレンダーが。「機動戦士ガンダム00セカンドシーズン」の卓上カレンダーとなっている。

■創通株主総会お土産

2009年キャラクター柄卓上カレンダー

おお、これはいい物だ。
とまあ、こんな感じで終了となった。
全体としてどうでしたか?
いつの間にか株主優待が終了されていたんだな。知らなかったので、びっくりだ。8月には発表されていたようで。
残念ですね。
ただ、それもあってか、今回は質問もまともなものが多く、質問数も去年の7人分と異なり4人分と手短となっている。一人目と四人目の質問者は同じだしね。終了時間も去年の45分と比べ、8分早く終わった。下手に株主優待で人を釣るよりかは、こういった形の方が良いのかも知れない。とまあ、以上。

« 株価暴落した今だからこそ、ネット証券に口座開設 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | まもなく確定申告、株で損を出した人も申告しておこう »

2008年11月30日 04:52 | 株主総会

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/269