手持ちの金融商品をほとんど現金化

2011年7月28日:手持ちの金融商品をほとんど現金化
ご無沙汰しております。 
最近の挨拶はそればかりですね...。
久しぶりに近況でも話そうかと思い、はせ参じた次第。
別に急ぐことはないような気も...。
近況といっても、ほとんど何もしていないので、5月の時と何ら変わらない状況だ。しかし、その後もFXの方でちょこちょこ取引をしており、全体的にもプラスに推移している。しかし、そのFXも先日全て手じまい、今はポジションを取っていない。
なぜでしょうか?
直近ではアメリカの状況が不透明であるという点。債務引き上げ問題の状況によって、大きく動く可能性があるので、あまり手を出すべきではないかと。もちろん、それによって相場が動くので、動くと思われる方向に賭けるという手もあるが、どちらにもなりうるので下手に動くよりかは現状維持を優先した。
動いてから乗ればいいだけですからね。
後はご存知の通り、ヨーロッパ各国の状況なども考慮し、少し様子見をしようかと。
で、結果はどうでしたか?
手じまいした翌日に1円以上良い方向に動いていた...。
相変わらずタイミングの悪い...。
円高でドル資産そのものの日本円に換算した価値が下がったため、多少なりとも影響は出るけど、大きなマイナスも無く維持出てきているので、良しとしたい。いざという時に出動できる資産が無いのが一番駄目なことだしね。と、いうわけで、また何かしら動いた時にでもお会いしましょう。

« 東日本大震災前後の金融取引の状況など、FXで大損? | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 米国債務問題後の取引 »

2011年7月28日 13:26 | 株式投資日記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/280