IPO(新規公開株)とは

2006年10月6日:IPO(新規公開株)とは
IPOの話を何度かしてきたけど、そもそもIPOとはなんなのか、という指摘があったので話してみようと思う。
新規公開株とも言われますね。IPOは「Initial Public Offering」の略です。
意味はそのままで、新たに上場される株式というわけだ。
そのままですね。
これ以上、説明の仕様が無い。
……。
で、公開されるわけだが、当然市場で売買されることとなる。その前に、ある程度の数を一般、もしくは機関投資家などに売りに出す。この割り当てを得られら時に、よく当選した、という表現で言われている。ネット上でも当選報告が多いのは、この上場前に株を購入できたということを指す。
上場前の株の価格は割安に設定されることが多いため、当たれば上場後に利益が望めますね。
だからこそ、このIPOに注目が集まっている。ただ、すべてが確実に上がるわけではなく、公開初日から下がっていくこともあるし、最初はかなり上昇しても次第に下がっていくこともある。もちろん、上がりそうな銘柄を中心に申し込み、当選すれば良し、外れれば仕方ない程度の気持ちで取り組むと良いだろう。
申し込みはどのようにすれば良いのでしょうか?
これは証券会社によって異なる。ネット上での申し込みであれば、証券会社のサイトでログインしてもらい、IPOなり新規公開株と書いてあるところをクリックすれば、詳細が分かると思う。公開される全ての銘柄に対して取り扱っているわけでもないので、証券会社によってはほとんど取り扱いが無いこともある。
店頭で取引がある方でしたら、担当者に聞くのが一番ですね。
ただ、あまりIPOばかりしか取引しないと鬱陶しがられるので、この点は注意。ネット取引のみなら気にせず申し込むと良いだろう。

« IPO、SRIスポーツが当選 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | IPO、野村不動産ホールディングスの結果 »

2006年10月 6日 07:38 | 株初心者向け

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/102