ジャパンネクストPTSで夜間取引を行なってみた

2007年8月30日:ジャパンネクストPTSで夜間取引を行なってみた
つい先日、SBIイートレード証券とゴールドマンサックスが立ち上げた「ジャパンネクストPTS」を用いて夜間取引をやってみた。
8月27日から取引が開始されたのですよね。
指値でしか注文が出来ないので、誰かが間違って多めに成売で出して安いところを拾えるとか、面白い展開はなさそうなのは残念だけど、それなりにメジャーな銘柄だと、ある程度昼と同じ価格帯で購入できるので、米国市場を見た後にちょっと取引してみるのはよいかな、と。
実際に取引をしたのですよね?
うむ。為替も円安になっているし、NYダウも上がっていたので。ただ、最近、ニューヨーク市場は引けにかけて波乱になることが多いので、ちょっと怖かったりするんだよね。
今日の朝に注目ですね。
いまだとイートレード証券でしか利用できないけど、今後は楽天証券やオリックス証券、GMOインターネット証券などでも同じPTS市場で取引が出来るようになるので、より取引が活発になるかと。現状、銘柄によってはまったく注文が出ていなかったり、ストップ安やストップ高にしか注文が出ていなかったりするので、今後、より取引が広まることを期待するよ。
取引可能時間はどのようになっているのですか?
19時から23時50分まで。
取引方法は?
まず、申し込みをする必要がある。別に料金がかかるとか、新たに資料を提出する必要は無いので、ネット上のみで申し込みは完了する。ただ、受付が完了するまで一定期間かかるので、その日に申し込んでその日に参加できるとは限らない。この辺りは申し込みの情報で確認してもらえたらと。
ふむ。
あとはサイト上で注文を出すわけだけど、注文の出し方がわかりにくいかも。基本は、注文したい銘柄を見つけて、その株価画面が現れたら銘柄名の下にあるPTSという文字をクリックすれば、PTS市場での価格などが表示される。そこで、現物買などを選んで売買する。信用取引は現時点では出来ない。基本は株式情報コーナーから銘柄選ぶことからはじめる必要がある。ポートフォリオからそのまま注文を出すことは出来ず、やはり銘柄名をクリックして株価画面が現れたらPTSのところをクリックすればよい。
ちょっとわかりにくいですね。
まだハイパーイードレードにも対応していないので、今後、より便利になることを期待したい。始まったばかりなので、徐々に使い勝手は良くなっていくだろう。
そうなることを期待したいですね。

« バンダイネットワークスの株主優待2007年版 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 四国コカコーラボトリングの株主優待2007年3月 »

2007年8月30日 00:43 | 株式投資日記

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/201