麦わら帽子は冬に買え

2006年4月6日: 麦わら帽子は冬に買え
株の格言であります。
今日は「麦わら帽子は冬に買え」ですね。麦わら帽子と言えば、夏の代名詞かと思いますが、それを冬に買うというのはおかしな話ですよね。
だからこそ、格言になるわけだ。
具体的にはどういった意味なのでしょうか?
麦わら帽子は夏に必要だが、その夏に買おうとすると、需要が多くなり、 場合によっては価格が高くなってしまう可能性があるということ。逆に、あまり売れていない冬に買っておけば、バーゲンで安く購入できる可能性もあるということ。
注目されていない時に買っておこうというわけですね。
主に飲料系や薬系などで当てはまる銘柄が多い。
夏になりますとビールが売れますし、冬になりますと風邪をこじらす人がいますので風邪薬が、最近では花粉症にちなんで花粉症対策グッズなども関係しています。
当然、安く手に入れたものは高く売る必要があるわけで、周りが盛り上がってきたらその隙に自分は売って一財を築こうということになる。
持ち続けてしまいますと、また冬になってしまいますからね。
最近ではこうした季節に関連した銘柄だけでなく、優待を取りにいく人を考慮して、優待確定月以前に株を購入し、優待確定間近で売り抜けるという方法もある。配当取りも似たようなことが可能だ。これは、特にここ1?2年、個人投資家が多くなり、優待狙いの買いもけっこう入るようになったからこそ出来る手法で、今までには無い手段とも言える。配当取りに関しては、以前から電力株を閑散期に買っておくとかあったが。
電力株は配当率が高いことで有名ですからね。
これらの動きは数ヶ月から半年以上の動きの中で売買しなければならない。だが天候など他の要因でも株価が大きく変動するため、確実な方法ではないのだが、一つの考え方として常に頭の中に入れておこう。

« すかいらーくの株主優待 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | 近畿コカコーラボトリングの株主優待 »

2006年4月 6日 00:57 | 株格言

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/46