バンダイビジュアルとバンダイネットワークスにTOB

2007年11月10日:バンダイビジュアルとバンダイネットワークスにTOB
バンダイナムコホールディングスがバンダイビジュアルとバンダイネットワークスにTOBをかけましたね。
もともと両社とも、バンダイナムコホールディングスの持ち株数が50%を上回っていたので、ほぼバンダイナムコホールディングスと同一の会社として見てもよかったものだ。なので、バンダイナムコホールディングスが組織改革をする際には完全子会社化をする可能性は当然あった。
以前にバンプレストもTOBで完全子会社化していましたね。
で、今回、実際にそういった動きに出たわけだ。
TOB価格は直近の価格と比較して、高い値になっていますね。
過去1か月の平均の約25%プレミアム付きだから。まあ、高い時に買った人にはご愁傷様なところもあるけど、今後必ずしも上がるわけでもなく。よい損切りタイミングを与えてくれたと思うべきだろう。
今回のTOBに不満を述べている人も多くいますね。
共に株主優待に魅力があったから。特にバンダイビジュアルの方は年2回、一定のリストから自ら好きな映像作品を選んでもらえる権利だったし。
ここでも何度か紹介しましたね。
ただ、企業全体の流れとして、組織を集中して管理するというのはどこもやっていることだから。当然、バンダイビジュアルやバンダイネットワークスも同様のことをやられることは容易に想像できたわけで。ここで実施されたからと言って文句を言ってもどうにもならないことなので、素直にあきらめるのが良いだろう。
株主総会も楽しみの一つでしたから、残念ですね。
一応株主優待と株主総会絡みでともに株を持っていたんだけどね。まあ、少しでもプラスになるからいいや。
現金な…。
もっとも、最近の市場全体の急落による損失の穴埋めにはまったくといっていいほどならないんだけどね。
……。

« アトラスの株主総会 | 株式初心者株子株美の株式投資日記 | ジクトの株主優待 »

2007年11月10日 19:29 | 株ニュース

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kabukokabumi.com/mt/mt-tb.cgi/213